スポンサーリンク

挑めっ!戦えっ!

しばらく体調が良くないのですが…。
そうなると気分も落ち込みます。
イロイロと…思うトコロは…あります。

何か、気分転換をせねば…とは思いますけど…ね。

ところで…。

台風19号で被害のあった北陸新幹線。
その被害状況がJR東日本の公式サイトに掲載されていますが、PDFファイルですのでリンクはしません。

そのPDFのイメージを転載してくれている鉄道チャンネルをリンクします。

長野新幹線車両センターや北陸新幹線本線の被害状況が画像によって良く分かります。
本当に大きな被害です。

しかし、それでも…。
北陸新幹線は10/25(金)に直通運転の再開を予定してします。
凄いです。

ただ浸水してしまった車両は使えませんから、どうしても運行本数は減ってしまう様子。

JR東日本は以下のように発表しています。

北陸新幹線の列車本数は約8割となりますが、東京~金沢間の直通列車については約9割の運転本数を確保いたします。

まだ10/25(金)以降の運行計画は発表になっていませんから、おそらく…ですが…。

  • これから完成する上越新幹線用のE7系を、北陸新幹線へ投入。(上越新幹線も走らせて一体運用?)
    その代わり上越新幹線のE4系を延命、東北新幹線のE2系も場合によっては上越新幹線へ投入。
     
  • 東京~長野の「あさま」、富山~金沢の「つるぎ」を減便。
    その分運用に余裕の出来た車両を、東京~金沢の「かがやき」「はくたか」へ。

という感じになるのかも知れません。

しかし…それはそれで大変そうです。

長野新幹線車両センターはしばらく使用出来ませんから、車両のメンテナンスはJR西日本の白山総合車両所にも協力してもらうしかなさそうです。

元々上越新幹線にE7系を投入する予定でしたから、北陸新幹線と上越新幹線を一体運用して、E7系のメンテナンスを新潟新幹線車両センターでもするのはアリかも。

何にしても、いっぱいいっぱいの運用が続く感じがします。

鉄道マンの頑張りは凄いですからね。
何とか無事に安全に、頑張ってもらいたいです。

そして、ラグビーW杯…残念でした。

南アフリカ、強い、無茶苦茶強いです。
あのディフェンス力、もう凄いです。

日本は敗退してしまいましたが、本当に良く頑張ったな…と。
この試合も、もの凄く頑張りました。
頑張っても、頑張っても、それでも届かない…それが世界なんですよね。

試合の後には、選手達のやり切った感がTV画面からでも伝わってきました。

お疲れ様でした。
おかげさまで、ラグビーの楽しさを知りました。

また4年後、チャレンジして欲しいです。

日本は敗退してしまいましたが、まだラグビーW杯は続きますから、楽しませていただきますよ。

さて…。

鹿島…どよよん…です。
絶賛、どん曇り中。

もうシーズンは残り少ないですが、どよよんです。

とにかく思うのは…。
思いっきりやって欲しいです。
挑んで欲しいのです、戦って欲しいのです。

臆病な、勇気のない、腰の引けた…。
そんな戦いは見たくない。

やるだけやって、全ての力を出し切って、その上での結果ならば受け入れなければ…と思います。

しかし、もっと出来るはずなのに、力はあるはずなのに…。
そのはずなのに、勇気をもって挑むことが出来ず、結果も伴わない。

そういう姿は見たくないっ!

挑めっ!戦えっ!

鹿島は常に難局に挑み、そしてそれを乗り越えてきたはず。
それをしなくなったら、鹿島じゃない。

次は天皇杯です。
下位カテゴリーのHonda FCとの対戦です。

舐めてかかると痛い目に逢いますよ。
既に、たくさんのJクラブが葬り去られました。

全力で挑み、そして勝利を!
そういう姿を見せてください、頼みます。

そして…。
Antlers Todayには三竿健斗の姿がありました。

これは全体練習に合流している?
だとすれば、朗報です。

三竿健斗の怪我のリリースが出たのは9/19(木)。
その時の発表では、治療期間は約6週間。

となると…。
リリースの日からカウントすると、だいたい4週間半くらい経っています。
随分早いですね。

無理は禁物です。
クセになっても困りますし。
それに気温が下がってきますから、ますます要注意です。
まずはしっかりと治して欲しいです。

でも…。
三竿健斗がいると、無茶苦茶助かります。
本音を言えば、早く戻って来て欲しいです。

天皇杯は流石に無理をするところではないと思います。
次の浦和戦は…うーん出来ればしっかり治してから。
その次の川崎F戦に戻って来てくれると…とても助かります。

中盤の潰し役が欲しいのも間違いないですが、精神的なところでも三竿健斗くらい気持ちを出してくれる選手が、今の鹿島には必要だと思います。

でも、やっぱり無理はしないでね。
焦らずに期待したいと思います。

とにかく挑んでいかねば。
今の鹿島は王者でも何でもないのですから。

10

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました